辛かったです。。。

私は株式投資に大失敗をして借金をしてしまい、闇金を利用したところとんでもない目にあってしまいました。
私は元々賭け事が好きで、株も賭け事と同じような感じの丁半博打をしていました。
最初の内は少ない資金で現物のみの取引をしていたのですが、なんだか物足りなくなり信用取引に手を出したところ、大きな金額が動くため面白くてつい熱くなってしまいました。
そのような取引をしていたものですから、最初のうちこそ買ったり負けたりだったのですが、最後には熱くなってすっからかんになってしまったのです。
しかし、せめて負け金を取り返そうと借金をして、相場に突っ込み高騰していた株に全力で空売りを仕掛けたのですが、なんとその日から数日寄らずのストップ高になってしまい大きな借金を背負ってしまうことにしたのです。
ひとまず、証券会社には闇金でお金を借りて返済をすることができたのですが、闇金の借金はどうすることもできませんでした。
これはもう完全に人生が終わってしまったと絶望をしていたのですが、債務整理のことで相談をしてみればなんとかなるかもしれないと思い、法律事務所に行ったところ私の力になってくれて、大幅に返済額が減ることになりなんとか助かりました。

限度額をこえると

私は、いろいろなところからお金を借りておりました。クレジットカードなどの限度額が超えてしまうと別なカードでお金を借りたりといったことを繰り返していくうちにどのカードでお金を借りたかなんかわからなくなるほど借金が増えてしまいました。
闇金からの借り入れも多かったので、利息などを払ったりするのも大変だし、借入金が複数で多すぎるので、債務整理相談をすることにしました。
闇金からの借金もおもったより安い料金で債務整理を頼むことができたので、本当によかったと考えております。これからは自分の今までの生活を改めて、しっかりとお金を返していきたいとおもっております。
何も相談しないで、そのまま生活していたら、いつまでたってもお金を返すことができなかったので、返すためのチャンスを与えてもらったと考えて、これからはしっかりと生活していこうと考えております。
借金のことでいろいろと考えていたころと比べて、充実感がぜんぜん違います。毎日の生活の中で借金を考えなくてよくなったので、とてもうれしいです。
これからも、しっかりとお金を返していって、早く借金のまったくない生活をしたいと考えております。本当によかったと考えております。

約束

日本は自殺大国と言われているのはご存知かと思います。じゃあなんで自殺をするのかといいますと
殆どは経済的に困窮してしまったからと言われています。しかしそれは様々なパターンがあり、彼らが
なぜお金に困ってしまったのかを分析してみます。一つは生活保護などのセーフティーネットの恩恵を
受けられなかったからという人もかなり多いようです。これは日本の政策のせいということもあると
思います。そしてもう一つが借金が返済できなくなってしまった人。これがかなりの数を占めていると思われます。こういう人たちば借金をするきっかけが主にギャンブルのようでこれを初めに借金に
ハマって地獄に落ちるというパターンです。借金というのは破滅の始まりということを頭に入れておいた
ほうがよいでしょう。できるならギャンブルなど永遠しないほうがいいのです。それに手を染めても
いいことは一つもありません。

感覚

金銭感覚は人によって違いますが、世の中には、理解できないような金銭感覚の人がいるものです。「金銭感覚が狂っている」というような言い方をしますが、これが、麻痺してしまうことは誰にでもあることで、後から、なんで買ってしまったんだろうと首をかしげることを一度は経験したことがあるでしょう。これが、いつも起きてしまう人は、横で見ている人から言わせると、金銭感覚がおかしいということになります。そういう人は、いわゆる浪費家です。お金のあるなしに関わらず、使うことでストレスを発散するタイプが多いです。中でも怖いのが、カードによる浪費です。カードは、どこからかお金がわき上がってくるような錯覚を使う人に与えてしまう部分がありますから要注意です。カードの罠にはまって、キャッシングやクレジット払いを繰り返して、あっという間に借金が積み上がってしまう場合をよく見かけます。また、金銭感覚が狂っていると言えば、金額に対する問題もあります。1万円に対する受け止め方が、重たい人と軽い人の差が激しいのです。お金を軽く考える人は、10万〜20万円の出費もあまり考えずに行ってしまう傾向があります。そうい
った人は、借金にまみれてしまうリスクが高いと言えます。